羽田空港の周辺からレンタカーを使用できます│予約を入れると便利

カップル

安全に楽しむために

熱帯魚

沖縄観光でシュノーケルがしたいと考えている方は、いくつか注意する必要があります。まず、海に入る前にお酒を飲むのは危険です。海は決して安全な場所ではなく、必ずどこかに危険が潜んでいます。沖縄の海にはクラゲやウミヘビなどの危険生物が生息していたり、急に地形が変化したりするような場所があります。したがって、シュノーケルのときは冷静な判断力が必須になります。飲酒すると判断力が鈍ってしまうので、海に入る前は絶対にお酒を飲まないようにしましょう。同時に体調不良などのときも判断力が低下するので危険です、そもそも体調不良のときに海に入ると、余計に体を壊してしまいます。そのため、シュノーケルがしたい方は体調管理をしっかりすることが大切です。また、海に入るときは、友だちなどとバディを組むことが命を守るためにも重要です。前述したように沖縄の海には危険が伴うので、何らかのトラブルが起こる可能性があります。自身の機材にトラブルが起こって呼吸困難になることもあるのです。そのような事態が発生すると、素人ではパニックに陥って事態を悪化させることがあります。その場合は命に関わるので、誰かに自分の危機を知らせることが大切になります。それを知らせるためにバディが必要になるのです。素人が海で一人行動をすると危険なので、絶対に誰かとバディを組むようにしましょう。特に、子どもと一緒に沖縄でシュノーケルをするときは、十分に気を付けましょう。子どもは大人と比較して判断力が低いことがあるので、危険な場所にも勝手に行くことがあります。命を守るために、子どもの側から離れないようにすることが大切です。